新車購入時支払った税金や費用は戻ってくる物と来ない物がある

新車で車を購入すると次のような税金や費用を支払っています。
自動車税、自動車取得税、自動車重量税、自賠責保険料、リサイクル料金などです。
これらの税金や費用は場合によっては戻ってくることがありますので、
よく確認することが必要です。

まず、戻ってこないものを説明しますと、自動車重量税と自賠責保険料は
戻ってこないことが多いようです。これらは車検が残っている中古車を
購入する際には、支払わなくて良いことになっています。

自動車重量税と自賠責保険料が、買取では査定に含まれず、中古購入時に
支払わなくて良いのは、法律で決まっているわけでは無いのですが、
慣習としてその様になっているようです。

自動車税とリサイクル料金は査定に含まれるか要確認

車売却時に戻ってくる税金や諸費用としては、自動車税とリサイクル料金が
あげられます。
自動車税は毎年4月1日に車を所有している人に対してかかる税金ですが
車の売却時に月割りで戻ってくる事になっています。ただし、軽自動車
に関しては月割りの還付がありませんので、売却時には戻ってきません。

リサイクル料金は車の所有者に対してかかってきますので、売却すると
次の持ち主が負担することになるため基本的に還付されます。

ただし、気をつけないといけないのはこれらの還付がある税金や費用が
業者によっては査定額に含まれていることがあると言うことです。

車を売却する際には、税金や費用が還付されるのか査定に含まれるか
キッチリ確認しておいた方が良いでしょう。